So-net無料ブログ作成

amazonの賢い(?)利用法:12 [amazon]

けっこう間が開いてしまいましたが、前回の、お客様のレビューに参考になったならないの票が入れられるシステムがろくでもないという主張の続きです。

そんなの余計なお世話というか不必要以外のなにものでもない機能だし、お客様の感想が他の人の参考になったかどうかなんてどうでもいい事。 むしろ、第三者から参考にならなかったなんていう票が付けられて不愉快にならない者はいないのですから、そんなくだらない機能は即刻撤廃してもいいはずなのに、意地でもしようとしないamazon。
だいたい、レビューにしたって、結局は個人がどう思ったかという感想なわけだから、それを購入の参考にするとか、どれだけ他力本願なのかバカバカしい限りです。
なので、くどいかもしれませんが、私が目を通すレビューは、その商品をamazonで購入していて、尚且つ説得力のある内容の高評価レビューと低評価レビューだけです。
それに付いた参考になったならなかったなどという票数はゴミです、気にするだけ無意味です。
真面目に票を入れている人なんて、ほとんど存在してないでしょうからね。 自分と同じ感想で気に入ったから「参考になった」を入れる。 自分と違う感想で気に入らないから「参考にならない」を入れる。
そんな暗いうえに偏狭な性根の者ばかりなのだから…呆れたものです。

まあ、この話は今回このへんで止めておき、今頃気付いた(苦笑)驚愕の事実を語らせていただきます。

サイト内にヘルプコミュニティーというものがある事に、つい先日気付いたのですが、そこには客から質問や苦情が入れられ、それについてコミュニティサポートという名前、つまりamazonから回答がが付けられているのですが、その解答の横には何と、
○人がこの投稿が参考になったと答えています。あなたはいかがですか? という文、いわゆる、客がしたレビューに対して参考になったならないという例の投票ボタンと同じようなものが表示されているのですが、その横には、 「はい」ボタンしか付けていないという事実です。
つまり、お客様のしてくれた感想には「参考にならない」という、気に入らないレビューに対して嫌がらせをするための投票システムにしかならない「いいえ」ボタンがあるというのに、自分のとこが付けた投稿(回答)には、有無を言わさず「参考になった」と言わせるための「はい」ボタンしか付けていないという事です。
どんなに的外れな参考になんか欠片もならないものであっても「参考にならない」と言わせないよう「いいえ」自体を表示させないというやり方。
本来、付けるべき自分のところに付けずに、付けるべきでないお客様のところに付けるという…、とんだ地球上で一番お客様を大切にする企業もあったものです。(最大限の嫌味)
心底呆れ果てます。

…これも何年も前から、自分でも鬱陶しく思うほど、本当にお客様の事を考えるなら撤廃すべきと訴えてはいますが、期待は砂粒ほども出来ないですね…まったく…(溜息)

まるで自分で自分の会社の営業妨害をしているようなものじゃないでしょうか、こんな不評不満ばかり増すシステムや態度を取り続けて…。
一体どんな経営理念と社会的道義的責任感倫理観を持っているのやら…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

amazonの賢い(?)利用法:11 [amazon]

前回も言ったけれど、本気でamazonの褒める所が無いっ!(苦笑)

むしろ情けない事に、何考えてるんだと批判する所ばかりです…ほんと情けないよぉamazonさん…。

これは、もうそれこそamazonを利用するようになる前から疑問感じまくりだった事なのですけれど、どうしてamazonでは、商品をamazonで購入していなくてもレビューが出来るのかという事。

良く解釈すれば、いろいろな消費者の意見を掲載する事で、その商品購入の参考になればという親切システムなのでしょうけれど、私にしてみれば悪い事の方が圧倒的に多い、無駄かつ不必要なシステムだとしか言えません。

何故ならば、例えば購入した人のほとんどが買って損したと思うようなとんでもない商品があったとしても、その関係者達や、いわゆる業者が、いかにもいち消費者面して高評価レビューを書きまくったら、参考になるどころか全く参考にならないサクラまみれ高評価レビュー商品の出来上がり、ですからね。

まあ、最近では、amazonで購入と記されるようになったから、それだけを参考にしてはいますが…、というか。
そもそも、商品を購入した人の感想が参考になっただのならなかっただの、そんなのが必要でしょうか?考えてみれば、購入した商品をお気に入りだと主張する意見が気に入らないからと参考にならなかったボタンを押すとか、とんだ不良品だったと嘆いている人の意見が気に入らないからと参考にならなかったボタンを押すとか、失礼にもほどがあるというか、とんだ嫌がらせ機能じゃないでしょうか?
レビューにコメントが付けられるのは、まあいいとしても、参考になったとかならなかったなんていうのは余計なお世話ですよね。

そこのところ、amazonは間違いまくってると言わざるをえません。

他の通販サイトで、お客様が善意でしたレビューに対し、心ない第三者が嫌がらせや腹いせ感覚で、された側が不愉快極まりない思いをする参考にならなかったなどという評価を出来るシステムを取っているところがあるでしょうか?
ないですもんね。

今回は、あえて強く言わせていただきましょう。
amazonは、お客様の事など、地球上で一番どころか全く考えていないろくでもない企業ですよ!
この件については、私も何年も前から、しつっこく(苦笑)何度も意見しているし、同意見だって、かなり聞いています。
にもかかわらず、システムを直すのに経費がかかるからか、意地になってガンガン無視ですからね。

『お客様のご意見が当サイトに反映できるかどうかにつきましては、多面的な要素を総合的に踏まえたうえで判断させていただきますため、ご要望にお応えできない場合もございますので、ご了承ください。』

とか、ふざけているとしか言いようがない誠意皆無なお決まりの返答しかしないで。
だったら今まで、ひとつでもお客様のご意見ご要望を聞き入れた事があるとでもいうのでしょうか? 参考にはする、でも参考にするだけで改善する気はこれっぽっちもない! そういう態度ばかりしか取っていないでしょう!

もっと皆、しっかりしてほしいなぁ…。
お客様がどうでもいいような態度しか取っていないと、商売人の方は、「何でもかんでも文句ひとつ言わずホイホイ購入しまくってくれるアホばっかりで商売楽だ(笑)」ってなるばかりですよぉ~。
悪化はすれど改善なんてされやしませんよぉー。

…………(溜息)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

何が何だか

今日の訪問者数が51人だそうです。

…………ふーーーん。

っていうか、はあ?

かなり疑ってます。

何故なら、今まで多くても20人超した事ないような一個人のつまらないブログですよ?
おまけに、どういうワケか、いつの間にか検索しても我がブログは出て来ないようになったし。
まるで、意図的に検索にヒットしないように遮断されてるかのように。
正直、そんなブログに訪問者がある事自体、疑わしいほどに、ソネットには不信を抱いちゃってる次第です。

ここソネットのアクセス解析もイマイチ分からないし、設定もその他もいろいろ不親切で分かり難いし使いにくいし、不満多いです。

…………、まあ、それらは、とりあえず置いておくとして。
本当に、真実、こんなブログに、何人も興味を持って見に来てくれているのだとしたら、リアクションが欲しいな、と思った次第です。

ようするに、コメントのひとつも頂きたいなー、と。

本当に、そんなに何人も、複数回にわたって訪問してる人が存在するのでしたら、ね、是非。

…………まだ信用してません(苦笑)

試しに、amazonの事とか、10年以上20年以上前のゲームの事でも聞いちゃってくれて構いませんよ。
アクション系やいかがわしい系以外のものでしたら、大抵のものはやり込んでる程度のゲーマーでしたから(本当にw)

…まあ、訪問者自体、疑わしいと思っていますけどー。(いろいろ根に持ち中w)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

amazonの賢い(?)利用法:10 [amazon]

「amazonの賢い(?)利用法」も、もはや10まで来ました。
そろそろ何を書いてきたのか分からなくなっているので、今後、何度も同じ事を連ねるかもしれませんが、まあ、お許しを。
いちいち全記事をチャックするのが面倒な年代に入ったおばさんのブログなので(苦笑)

それはそうと、本当に褒める所がないですよamazon…;

amazonの売りというと、品数豊富・速やかな発送・価格の安さなのですが、

価格の安さは、ものによりで、ものによっては「誰がそんな値段で買いますか、足元見るのもほどほどに、というかアホですか、アホでしょ」って価格だし(特にオープン価格に、とんでもなく酷いものが多い)

最大の売りのはずだった速やかな発送は、もはや売りじゃなくなっていますからね。
何故なら、もはや、注文したものが翌日に発送されるなんていうのは、amazonでなくとも、ほぼ普通になってきているから。
おまけに最近、在庫有りの商品を注文して、お届け予定日が最大3日後になっている事もけっこうあり…、これじゃだめだよと思う事も多い…ほんとに。

私個人としては、そんなにうるさく言うつもりはないけれど、サービスしてあげていますよ、お客様の事を考えてあげていますよという、いかにもなアピールはいただけない…というか、イラッと来ます。

最たるものが、これ
『Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。 ご注文いただいた商品を少しでも早くお届けするため、本日、Amazon.co.jp が一部の商品を発送いたしました。発送が分かれたことによって追加で配送料や手数料がかかることはありません。』
出来る限りまとめて発送を希望しているのであって、絶対まとめて発送してと言っているわけじゃないし、そうしなければ契約違反とか、とんでもない事を言うつもりもありません。
でも、ご注文いただいた商品を少しでも早くお届けするためというのが、ちょっとひっかかる、というかむしろ不快。

それは明らかに違うよね、と言わざるをえないのです。
だって、少しでも早くお届けするためにしたのではなく、どこの倉庫に何がいくつあるかによって、まとめて発送できないから分けて発送しているわけであり、いわば、お客様のためを思ってしたのではなく、業者の利便上の都合やなんやらでの発送ですからね…。

そうでなければ、例えば同じ物を3つ注文したとして、『Amazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。 ご注文いただいた商品を少しでも早くお届けするため、本日、Amazon.co.jp が一部の商品を発送いたしました。発送が分かれたことによって追加で配送料や手数料がかかることはありません。』なんていうメールが同じ日に2つ来て、挙句の果てに、同じ日に同じ物が3つ別送されて来るなんてありえないですもんね。
少しでも早くお届けになんてなっていないし、運送屋さんには手間で気の毒だし(それとも、それぞれに料金もらって得になるのかな?いや、でも、めっちゃ安くたたかれているとしたら、やっぱり気の毒だし…)、そうちまちま配達されたんじゃ、まるでネット買い物依存症の人みたいでなんか嫌(苦笑)だし…。

つまり何でしょう、amazonさんにはamazonさんの都合があるのは理解できるし、多少面倒でウザイとは思いつつも、ちまちま分割発送も何とか甘受しましょう。
でも、まとめて早くお届けが出来ないのなら、少しでも早くお届けするためなんて利便上の都合でしている事を、お客様のためにしてあげていると言わんばかりな言葉は消していただきたいと思うのですが。
お客様の満足度が上がるどころか、むしろ嫌がらせになって下がっている、なんてのは、ほんと直すべきかと…ね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。