So-net無料ブログ作成

amazonの賢い(?)利用法:9 [amazon]

今回はタイトルを「何なのamazon!」もしくは「何考えてんのamazon!」にしたいくらいなのですが、タイトルを一貫させるため、グッと堪えてタイトル変更なしでいきます。

たまにはamazonを褒め利用をお勧めするブログを書きたいのに、それどころじゃないというか、もはや、褒める所が「格安で商品が入手できる(ものも一部ある)」と「発送が早い(ただし一部商品と予約商品以外に限る)」と、褒めてるのだか貶してるのだか分からない所しかなくなってしまったという、なんとも悲しいやら腹立たしいやらな、やりきれない現実…。

今回、少し前から「何か変だ…」と思っていた事の、衝撃の事実が判明いたしました。
amazonの、レビューと評価に対する、不適切で不条理で不公平な間違いまくった操作システムが…。

特に、レビューの「参考になったならないの投票」については

カスタマーレビューについて、より正確な投票数をカウントするため、投票の傾向をシステムによって監視しています。 特定のお客様が投稿したレビュー、または特定の商品に関するレビューに対して集中的に投票が行われているなど、不適切な投票が発見された場合は、自動的に投票が削除されます。そのため、投票数は増減する場合がありますので、ご了承ください。

…だ、そうです#
つまり。
書籍だと「まだ読んでもいませんが☆5です。」ゲームだと「まだプレイもしてませんが☆5です。」という、何の参考にもならないバカ丸出しマンセー称賛レビューに対し、「参考になるかボケ」の意を込めて、「参考にならない」ボタンを押すという行為が、よりにもよって不適切呼ばわりされて無効にされてしまう場合がある、という事なのです。

なので、ある人気(話題?)商品のレビューに、そういった、ただ評価を上げたいだけのアホレビューが多くて、「全く、どいつもこいつも…#」という感じに「参考にならない」ボタンを押しまくっていると、最悪、全て無効にされかねない、という事なのです。

…何、その、不公平というか、不条理というか、的外れというか…、不適切なのは、そんな不適切のものをまるで放置擁護するかのようなふざけたシステムを作ってしまった(少なくとも数年前まではなかった気がする)amazonでしょうがっ!

…ああ、もう、バカバカしくてやってられません…。
前々からamazonには、いろいろ、大いに、不平不満はありましたが、何とか、かろうじて甘受範囲だったものを…これはダメでしょう…。

…ああ、バッカらしい…。
というか、客の感想に評価が付けられるとか、意味不明というより意味のないシステムなんて撤廃すべきと声を大にして言いたいです。
いや言わせていただきます!

amazonの賢い(?)利用法:8 [amazon]

amazonの賢い(?)利用法:6』で、ろくでもないぼったくり出品者について語った事に、ちょっと追記です。

書籍についてですが、詳しい理由は知りませんし知りたくもない(どうせくだらない身勝手な商法上の理由だろうから)から調べたりはしませんが、定価はあってないようなもののようで、だからなのか何なのか意味分かりませんが(苦笑)、「○○のストアで見る」というチェックをしても、書籍の場合、いわゆる「定価より高額で売られている場合があります注意」という警告表示がされませんので、これこそ本当に注意が必要です。

何気なく某漫画本を検索していて目にした、みみっちい低俗出品者。
いま本屋に行けば¥463でスッと変える単行本を¥1,492円で販売していました。
人気本で入手困難品というわけでもなければ、もう出版されていないわけでもない普通の単行本を、です。
…………何なのでしょう?
みみっちい低俗ぼったくり出品者には違いないけれど、なんというか…
バカ?それも憐れレベルの…。
と言いたくなってしまいます。

普通に考えれば、こんなアホにも程がある出品者のバカですか値段(苦笑)の商品、購入するはずもないのですが、たまーにいるから、こういう底辺出品者が後を絶たないのかもしれませんね…。

こんな評価がされていました。

1(5が最高): 「定価を確認しなかったが、アマゾンを信頼して購入した。所がこの書物は新書であり、定価の上容易に変えるものを倍の値段で売っている。返品も受け付けないので詐欺に近い。今後はアマゾンでの購入も考えたい。」

…気持ちはすっごく分かります。
ドクズ出品者ですからね。
こうして最低評価をするのも必要で必須です。
正しい事です、間違っていません。

でも…ね。
普通は、確認くらいするでしょ…?
あなたのような、気の毒ながらも浅はかレベルのうっかりさんが稀にでもいるから、こういう最低な考えの最低な出品者が、バカ相手の商売ほどボロイものはないとかなんとか味をしめて、こういう悪質行為を繰り返すのですよ…。

…本当に気を付けましょう…。
何だかんだ行っても、所詮、amazonも商売。
悪徳出品者には気を付けましょう、でも自己責任でね、という感じで、決して守ってくれるわけではないのですから…。

amazonの賢い(?)利用法:7 [amazon]

「後で買う」

便利なんですよね。
欲しいとは思うけれど、今すぐ何が何でも欲しいというほどでもない(笑)商品を入れておき、後で何かと一緒に買う場合もあれば、買うのを止める場合もあります。

こまめにチェックしていると、時々、値段が上がったり下がったりしているのが分かるので、入れた時より大幅に安くなったら買い、高くなっていたら購入見送りで、もう下がりそうもなければ「後で買う」から削除する、と、そんな使い方で便利に利用させてもらっています。

欲しい商品がマーケットプレイスしか扱っていない場合もここに入れておき、amazonが出品したら購入、という使い方もしています。

一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です
こうなっているものは経験上、多分ですが、注文(入荷したらメールでお知らせしますというやつ)しなければ、ずっと在庫切れのままの可能性が高いです。
なければないで別にいいや、とか思っているのでなければ、注文した方がいいかと思います。
ずっと在庫切れだったけれど、注文したら、2日後には入荷発送の知らせが来た場合もあります。

amazonの賢い(?)利用法:6 [amazon]

amazonでマーケットプレイスを利用した人の文句に多いのが、「値段が高い」「複数注文したけど、それぞれに送料がかかった」というもの。

勿論どちらにも憤る気持ちは分かりますが、でも、それは、利用をよく考えずした自分の迂闊さにもあると知るべきですね。

値段が高いのは、たとえ何倍にもぼられた値段が付けられていたとしても、それを承知で購入に踏み切ってしまった自分が愚かなのですから。
目当ての商品が近場の店に売られていないか、売られていたらいくらなのか確認するとか、インターネットで検索して、定価やメーカー希望小売価格があるなら知ってから、そういう所の利用を検討すべきなのですから。
そんなちょっとした手間暇を面倒くさがったり、よく考えず利用したりで、後になって話が違うみたいな被害者面をするのって、ちょっと違いますよね。

送料が高いだの複数注文しても個数分取られたというのもそう。
きちんと確認して注文すべきで、例えるなら、まるで説明書を読みもせず使い方が分からないと文句言ってるのと同じで、他人事ながら情けなくなります。

もちろん言うまでもなく悪いのは、そんな出品者の方であって、騙された方が悪いなどと言うつもりは全くありません。
ただ、もっと注意し、そんなろくでもない出品をするような輩に儲けを与えてしまった自分を反省し、もう二度と同じ事がないようにしましょうと言いたいだけです。

そもそも私は、マーケットプレイス自体ほとんど利用しませんが、やむを得ず利用する場合でも、いくら該当商品が品薄で希少だからといっても、定価やメーカー希望小売価格、amazonでいうところの参考価格よりも高い値段で売るような腐った根性の出品者は相手になんかしません、きっぱり。

そして情けない事ですが、amazonも商売ですから、そういった悪徳といわざるをえないレベルの出品者がいたとしても、よほど犯罪レベルに悪質でない限り、どうにもしてくれず野放し状態です。
ぼられていればいるほど手数料で儲かりますからね…。
自分で注意深く購入を検討するしかありません。

東日本大震災の時は酷かった…。
乾電池が不足状態だという事で、今が荒稼ぎ時だと、まさに火事場泥棒根性丸出しのような見下げ果てた出品者がわんさか湧いて出ていて憤りっぱなしでした。
この時も、何だかんだ、事実上amazonは放置状態でしたからね…。
勿論この時も私は、普通の値段で店頭購入できるようになるまで、断固として、そんな底辺には見向きしませんでした。

最近では、amazonも一応かろうじて(苦笑)そういった値段が付けられているものには注意喚起をしてくれていますので、値段が怪しげなものがあったなら、「○○(出品者名)のストアで見る」か、商品名でamazon内検索して、価格が高額設定されていないか調べてみるといいでしょう。
いきなり、その商品だけをピンポイントで表示させると、価格が非常識にぼられているものかどうか分からない仕組みにされていますので注意しながら。