So-net無料ブログ作成
-| 2015年08月 |2015年09月 ブログトップ

amazonの賢い(?)利用法:5 [amazon]

amazonの賢い(?)利用法:2で、参考にするのは低評価と語った事ですが、なぜ低評価を参考にするかというと、高評価は信用ならないものが多いからです。

例えば、本やゲームの場合、極端にバカみたいな例をあげると「まだ読んで(プレイして)いませんが、☆5です。」なんていうものが、恥ずかしい事にけっこうあったりするからです。
もちろん低評価にも、そういったやらせ系は無くはないですが、高評価と比べれば無いと言ってもいいほどなので気にする事はないと思います。

最近では、『amazonで購入』という表示もできましたから、上記に加え、『amazonで購入』と表示されている評価(レビュー)のみを参考にすれば、まず間違いないと思います。
なので、☆1レビューが付いた商品の後に、白々しく「良い商品です、満足しています。」なんていう説得力皆無な☆5レビューが付き、尚且つ『amazonで購入』と表示がされていなければ、それは、かなりの確率で低評価を打ち消す目的の、最悪、商品を購入すらしていないインチキレビューという事になります。

そして、私個人としては、「買って損はしません。」「買うべきです。」なんてレビューがあると、買う気満々だったものでも買う気が大きく下がります。
何故なら、人には好みというものがあり価値観はそれぞれなのだから、同じ物を購入しても、買って得したと思う人もいれば損したと思う人もいるわけで、なのに「損はしない」だの「買うべき」などと押しつけな事は言うべきじゃないし、そんな事をいう人のレビューは、まったく参考にならないと思うからです。
せめて「個人的には買って損はないと思います。」とか「購入してみるのもいいのではないでしょうか。」程度にしておくのが良いと思いますね。

最後に重要な事。
レビューの『参考になった』『参考にならない』は、あまりというか参考にしない方がいいかもしれません。
特に、アニメ漫画ゲームといった類には、好きなものを悪くいわれるのが絶対に許せず目の仇にする信者とか呼ばれる人が多く、そういう人達が、もっともな低評価に対しても「だったらお前はそれ以上のものが描ける(作れる)のか」「そんな考えしかできないなんて気の毒だ」「頭がおかしいんじゃないのか」等々、あまりに口汚く低俗な罵倒っぷりに、目にするのも不快なコメントをしつつ『参考にならない』ボタンを押すからです。
どれもこれも、話にもなりませんよね(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

amazonの賢い(?)利用法:4 [amazon]

個人的こだわりですが、日本製でなければ買わないようにしています。
購入後、大損した買うんじゃなかったと憤り後悔した商品の大多数(というか全部かも)はMADE IN JAPAN ではありません。
あえて言いませんが、言うまでもなく分かりますよね…、そう、あの国です。

と言うわけで、私がamazonで商品購入をする時の決め手は

●MADE IN JAPAN(日本製)と、はっきり表示されているものを購入する。
(表示されていないものはおそらく、まず確実に、あそこ製と考えて間違いないかと。)

●怪しげなメーカー名が提示されているものは、絶対に購入しない。
(見た事も聞いた事もないメーカー名だったら、ネットで検索してみるといいと思います。そんなメーカーは存在しないかもしれません。おそらく泣き寝入り覚悟で該当商品を購入すれば分かります。かなりの確率で、パッケージには、メーカー名も生産国も、そもそも文字など印刷(シールすら貼ってない)されていないでしょう。いうまでもなく説明書も入っていないはずです。)

●使いまわしと思われる画像を使っていたり、画像にカーソルを合わせても拡大表示されないもの、単体販売なのに複数の商品が写っている画像を使ってあるものは購入しない。
(後に知った事ですが、1枚目の画像に、商品以外のものが写っているのは違反だそうです。まあ、そりゃそうですよね。ひとつしかないものを2~3点あると思い込ませて買わせようとか悪質で底辺な商法ですからね)

●定価・メーカー希望小売価格(amazonでいう参考価格)が表示されていないもの。
(マーケットプレイスはもとより、たとえamazonであっても要注意しています。現に、amazon販売でも、オープン価格のものだと、安さに魅かれて購入しても、再購入しようとした時には、価格が2倍近くになっていた事も何度もありますので。ぼったくりに注意です(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

amazonの賢い(?)利用法:3 [amazon]

1週間ほど、仕事や私用で、せっかく始めたばかりのブログが更新できなくなるかもしれないので、本日、2つ目のブログ記事を記す事にしました。

仕方なくマーケットプレイスを利用するにあたって重視すべき点に、出品者の評価と、その出品者が取り扱っている商品のレビューと言いましたが、前回語ったように、出品者の評価については、amazonの規約の穴をついてというか悪用して、とにかく低評価を消してしまう、コスイというかセコイというかみみっちいというか、とにかく性質の悪い出品者が存在する事から、高評価が多い出品者でも、実はどうにでもなる評価のコントロールをしている可能性があるので、信用できるようで信用できないのですよね。
なので、極端な事を言ってしまえば、低評価が1つでもあれば購入を見合わせた方がいい、同じような内容の低評価が2つあれば止めておいた方がいいのかもしれません…経験上…。

なので、もし、高額な料金を払い不良品や不具合品を購入してしまい、怒り爆発できつい言葉で低評価をしなければ腹の虫がおさまらない状態だとしても、中傷的な発言や暴言は極力控え、コメントは「不良品でした」とか「破損してました」というだけにしておき、評価は最低の1を付けるのがいいと思います。
これなら、出品者がamazonに対し、何をどうごねようとも、削除される事はないハズです。

怒りにまかせて「とんだゴミを高額で買わされた、大損だ」等など、余計な事を書くと、いくら事実を言ったまでだとしても、そういった性質の悪い出品者に逆切れされamazonに働きかけられ、不条理にも削除されかねず、泣き面に蜂というか踏んだり蹴ったりというかセカンドレイプ気分を味わい、不愉快極まりない思いをしてしまいかねませんのでご注意を。

とどのつまり、マーケットプレイスは利用しないのが一番なのかもしれませんが、そうはいかない事もあるワケで…、困ったものですね(苦笑)

次は、amazonも含め、商品購入を検討する際に、商品説明や画像(写真)等で、自分が重視・注意している点などについて語りたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

amazonの賢い(?)利用法:2 [amazon]

私がamazonでマーケットプレイスで商品購入をする時は

●欲しい商品がamazonで販売されていなくて、近隣の販売店にも無い。
なので、多少もしくはけっこう損をしてでも欲しい。

時に限られます。

けれど、発送をamazonに任せず自ら発送をしていたり、まして送料を取っている出品者は、まず利用しません。

そして重要なのが、その評価。
評価が高いのはもちろん重要ですが、けれど情けない事に、サクラを使ったり自演をしたり等、さまざまな小細工を駆使して高評価を増やし低評価を減らし、安易に評価が高いから購入しようと考えてしまう思慮浅い客を誘導する悪徳出品者が、割と多い、というか、けっこうな居るからです。

じゃあ、評価の何を参考にするかといえば、ズバリ、低評価のみを参考にします。

例えば、「予定日を過ぎても一向に発送しないので、こちらから連絡しても無視、あげく腹が立ちキャンセル依頼を出したら、数日後、一言の謝罪もないどころか、そちらがキャンセルを希望したからキャンセルにしてあげましたよ、またのご利用をお待ちしております。というようなふざけた対応をされた。最低最悪の空売り出品者だ。」というような評価が複数あったら、そこは利用すべきではないでしょう。
そういった似たような低評価が2~3もあれば十分です。
低評価は手段を選ばず排除する情けない性根の出品者もいますので。

商品のカスタマーレビューも、しっかり参考にした方がいいです。
勿論、低い方を(苦笑)
出品者の評価は、上記のような理由で削除されたりで偽装されていても、商品の低評価は、よほど悪意を持ったレビューがされていない限り削除はされないハズですから、「かんぜんな不良品」「返品交換の問い合わせをしても無視、メーカーに言えと丸投げされた、連絡がつかない」「説明書もなければパッケージにも、どこ製造かもメーカー名も、何も記載されていない」等、あったら、購入は止める事を強くおすすめです。
それは、かなりの確率で、ろくでもない状態で仕入れたろくでもない品質の中国製と思われますので。

追記として、上記のような出品者は避けて利用していても、後に、低評価を削除してほしいと依頼して来た出品者は、もう二度と利用しないのが賢明です。
低評価を真摯に受け止め客に誠意を見せる気などさらさらない最低出品者です。

あと、評価をしてほしいと依頼をしてくる出品者も、やや要注意です。
ちなみに、amazonでは、『高い評価は5か4、普通の評価は3、低い評価は2か1』、と説明されているのに、低い評価をつけさせず高い評価だけをつけさせるよう、一般的なアマゾンの評価基準とか意味不明な言い方をしたうえで、『高い評価は5、普通の評価は4、悪い評価は3、最低の評価は2か1』だと言い、普通の評価すらつけさせまいとする、セコすぎるというか浅ましいというか情けなさすぎというか、そういう出品者なので。
まあ、受け取った商品にも発送にも問題がなければ、冷ややかな念を抱きつつ、5評価をつけてあげていますけれど。(場合によっては無視)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

amazonの賢い(?)利用法 [amazon]

はじめまして。
通信販売サイトamazonを利用して8年目です。

8年目という事で、そろそろ上級利用者ぶってもいいかな?いいよね?という気になったので、今まで自分が利用してきたうえでの注意点というか覚え書きみたいな感じで、いろいろ書き連ねていきたいと思います。
まあ、あくまで個人の考えという事で好き勝手に語って行きますので、参考にするもしないもご自由にどうぞ(苦笑)

●支払方法
amazonnが販売・発送するものなら、多分、安心だし(というか信用するしかない)、手間がかからなくて便利なので、クレジットカードを使ってもいいかとは思いますが、それでも万が一の事態を考えたりで、やっぱりカード番号は入力したくないという方は、面倒でも、その都度、コンビニ等でamazonギフト券を購入して支払いにあてるのがいいかと思います。
利用するたびに、いちいち、クレジットカード情報の削除をしたりとか面倒ですものね。
そんな事してるのは自分だけかな?
だってね、念には念をというか、用心ですよ^^;

ちなみに、私の場合、マーケットプレイス(amazonに場を借りて出品している業者または個人)で何かを購入する場合は、絶対にギフト券を利用しています。

とはいえ、私の場合、よほどの理由がない限り、マーケットプレイスを利用する事はありませんし、利用するにも、さんざん考えてからなのですが、それはamazonの利用時にも言える事なので、次の記事で語らせていただきたく思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

-|2015年08月 |2015年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。